自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2010年11月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2010年11月

中学生が職業体験で名刺と本の作成を10.11.30

本日、3人の可愛い中学生から、手紙が来ました。
内容は、先日の職業体験のお礼という事でした。

ある日、札幌篠路中学校の先生から電話がきて「印刷会社を見学してみたいという生徒がいるので、見学させていただけませんか?」という依頼がありました。

若者に印刷会社の素晴らしさを伝えたい、
社会には楽しい事がたくさんあるという事を伝えたい、
夢や目標をもった人生は素晴らしいという事を伝えたい、
という思いから、引き受けました。

そして、11月19日に生徒3人が見学に訪れました。

工場内作業には危険が伴うので、動きやすい靴を持ってくる指示したにもかかわらず、1人が忘れたので、
「印刷工場には危険がいっぱいある、機械に髪の毛を巻きこまれて首がとれたり、紙を切るギロチンがで腕を切断したり、色々な事故があるんだよ」
と脅かして、気を引き締めました。
(顔色が変わり萎縮してしまったので、少し冗談がキツかったと後で反省)

次に印刷の仕事というのは、「世界に1つしかないものを、受注生産する、オートクチュールなんだよ。名刺だって世界に1つしかないんだよ」と伝えると、目を輝かせて話を聞いていました。

3人を2班に分けて、それぞれを印刷工場と、パソコンでのデザイン室に振り分けました。
印刷工場では、印刷機の動きと、製本作業を体験してもらいました。
デザイン室では、名刺のデザインと印刷を体験してもらいました。

体験が終わると、さっそくその仕上がった名刺をもって
「社長と名刺交換したい」というので、名刺交換。
名刺交換でこんなに喜んでもらったのは初めてで、逆にこちらが嬉しくなりました。

生徒から最後に、「どうして私たちを引き受けてくれたのですか?」の質問が来たので
「それはね、君たちは大切な社会の宝だからだよ」と伝えて、体験学習を終えました。

本日届いた手紙を紹介させていただきます。
1、
先日はお忙しい中、私たちに職業体験をさせてくださり、まことにありがとうございました。
初めて目にする事が多く、やはり職場というのはすごいと思いました。
工場では、見た事のない機械が多く、働く所も初めて見て、迫力を感じました。製本の所も、1人1人の手で行われていて、大変な作業だと分かりました。自分で作った本は、かなりのできで、良かったと思います。
2階の作業場では、パソコンがいっぱい並び、想像していたより本格的で驚きました。作業の時、いい物が作れ、重要な作業だなと思いました。
全然知らない人たちから色々な事を教えてもらい、すごく自分のためになりました。
そして、今回、デザイン関係の仕事をしたいと思っていたので、この会社で、職業体験ができ、本当に良かったです。
社員の皆様が全員優しい人達という事もあり、自分のありのままで体験ができたと思います。
今回学んだ事は、今後の学習に生かし、一人前の社会人になるために、がんばっていきたいです。
今回の訪問で得た事を生かし、一歩ずつ将来の夢に近づいていけるよう努力したいと思います。

2、
先日はお忙しい中、私たちに職業体験をさせてくださり、まことにありがとうございました。
体験をして、たくさんのことを学ぶことができました。
特に社長さんのお話が、とても心に響きました。
見たことがないものがたくさんあって、とても新鮮でした。
会社の人たちみんなが優しくて、親切にしてくださって嬉しかったです。
玉子焼きも、とてもおいしかったです。本当にありがとうございました。
今回の訪問で得たことを生かし、一歩ずつ将来の夢に近づいていけるよう努力したいと思います。

社員一同、喜んでいました。
次世代の若者のため、大人が夢のある社会を創らなければと、また思い知らされました。

K君・Mちゃん・Sちゃん、また遊びに来てね、夢が叶うよう祈ってますよ。

札幌リバティライオンズクラブ、ホームページ開設10.11.29

我が札幌リバティライオンズクラブも、何とかホームページを開設しました。

我がクラブの象徴は、札幌旭丘公園の中にある「リバティベル時計塔」です。なので、以下の写真をトップページにしました。
写真の中に写っているのは、当クラブの会員と、10年前の小学校6年生です。
lions_ph.jpg

当クラブの社会奉仕活動の一つに、「青少年健全育成」があります。

10年前、緑が丘小学校と札幌リバティライオンズクラブは、当時12歳だった小学校6年生に、「10年後の夢」の作文を書いてもらい、タイムカプセルに入れ、時計塔の中に保管しました。
10年後に皆で開けようという約束のもとに。

その内容は当時北海道新聞にも掲載されました。

それから10年後の今年の9月、予定通り、タイムカプセルの開封をする日が来ました。
その事を「当時小学生だった22歳の大人」に声をかけると、大勢の当時の生徒が集まりました。
遠くは九州から来た生徒もいました。また母親と一緒にきた生徒もいました。
そんな感動的な状況の中、タイムカプセルが時計塔から取り出され、生徒の手で開封させられました。

皆は作文を受け取り、懐かしい思いや、笑い声の中で読んでいました。
数人の生徒は、皆の前で読み上げ、笑いを誘っていました。

自分的にはかなり感動しました。

その後は北海しゃぶしゃぶで懇親会。おいしいしゃぶしゃぶで当時の生徒も大変喜んでいました。
宴会が盛り上がったところで、全員に今の夢を発表してもらいました。
すでに働いている子、夢に向かって勉強している子、様々でしたが、皆一様に素晴らしい夢に向かっていました。

この若者のためにも、本当に良い社会にしていくのが、私たち大人の役目だと、痛感しました。

我が札幌リバティライオンズクラブらしい、本当に良い青少年育成活動だと思います。
私もこのクラブに所属している事を、誇りに思っています。

感動的な楽しい1日を味わわせていただきました。生徒さん、関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

今後も、当クラブの活動内容を徐々に紹介したいと思います。

少しでも興味のある方は新しいサイトもご覧下さい。

http://e-clubhouse.org/sites/sapporoliberty/

ドリームプランプレゼンテーション北海道10.11.28

ドリームプランプレゼンテーションという素晴らしいイベントが全国で開催されています。

このドリプラとは何か?
短的に言うと、「自分の夢をプレゼンする大会」です。

予選大会を通過したプレゼンターが、10分の限られた時間の中で、事業の価値、あきらめない理由を伝え、見ている人たちに大きな感動と共感を与えます。
事業の価値の説明ではなく、その事業が社会に広まった時、どんなシーンが起こるのかを体験してもらうプレゼンテーション大会です。
その結果、真の支援者を集めようという考えです。
詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい。
http://www.drepla.com

ドリプラの目的は「全ての人が夢を語る社会の実現」です。

先日27日、第1回ドリームプランプレゼンテーション北海道(通称ドリプラ)が、札幌コンベンションセンターで開催され、私も楽しみに大会を観覧しに行ってきました。

冒頭、イメージビデオが流れました。内容は素晴らしいもので、
実行委員会は2年越しでこの日の準備を進めた事や、10年後は札幌ドームを一杯にするという目標など、様々な思いや夢がつまったビデオでした。

次に創設者の福島正伸氏の基調講演。
最高に楽しく感動的な話を聞かせていただきました。
PB270100.JPG

そしていよいよプレゼン。
予選通過の5人の発表が始まりました。

そのうち2名が全国大会に進みました。

1人目は「障害者への差別の無い世界をつくる」
アレテー学園の創設。

2人目は「ファームアイランド日本~夢を叶える仕組み、みんなで絆をつくる牧場」でした。
PB270103.JPG

感動の大会でした。
来年も北海道大会があります。
また、小樽や函館でも開催される予定です。
読者の皆さま、もし興味があればプレゼンのエントリーや、大会観覧を検討していただきたいと思います。

http://ameblo.jp/dripla-h/

守成クラブについて10.11.26

私が入っている団体の中に、「守成クラブ」という、ビジネスを目的とした異業種交流会があります。

全国に80ヶ所以上の支部を持ち、札幌だけでも5支部あります。

その1つ「守成クラブ札幌南」という支部の代表が、恥ずかしながら私です。約80名の会員数です。

会員さーん、いつもご迷惑をおかけしてま~す。

当クラブの役員は、「会員様のために奉仕する世話役」
という事で、「世話人」と呼ばれます。

活動内容は月に1度の支部例会です。会の内容は、盛りだくさんの2時間半です。
なので、その準備のため、例会直前に「世話人」が集まり会議をします。

12月1日が例会で、昨夜がその「世話人会」でした。

「世話人会」が終わると、有志の数人が会員さんである飲食店を廻ります。
色々な会員さんがいまして、中華料理店、インド料理店、豆腐料理店、スナック、ニュークラブ、メンパブ、バーなど、飲食店だけでも、会員さんの店を廻れば、ほとんどの遊びが出来ます。
しかも「守成価格」という特価でのお会計になります。

楽しい会なので、ご興味のある方は、ご連絡下さい。

昨夜は食事で、ススキノの焼肉店「なんこうえん」、
2次会がカラオケパブの「オーシャン」でした。

なんこうえんさんは、誰もが知っている歴史のある美味しい焼肉店で、ミノが絶品です。当然昨日もいただきましたが、相変わらずの美味しさでした。

2次会のカラオケでは、当会場の会計役が、何か嫌な事があったようで、大爆発。
本当に楽しい夜になりました。
PB260110.JPG

PB260119.JPG

12月1日の守成クラブ札幌南の例会を盛り上げるため、最高の懇親になりました。

参加した世話人の皆様、ご苦労様でした。

児童会館の新聞を子どもたちと一緒に編集①10.11.25

私の本業は印刷業です。なので編集会議に呼ばれる事が時々あります。
学校のPTA広報委員会に呼ばれ、お母様方に広報誌の作り方お話しさせていただく事もしばしばです。

今回は児童会館の先生に呼ばれました。札幌市桑園児童会館です。
目的は、
「近隣の子供たちにもっと児童会館に来館してもらえるよう、児童会館の活動の紹介をする新聞を作りたい」という事でした。

大きさはA4で、小さなチラシのような感じという事でした。

1か月ほど前に初めておうかがいし、委員10名位を紹介していただきました。
子ども好き(子どもと同レベル?)の私はすぐに仲良くなり、1分でニックネームが決定。
「シャチョー!」
子どもらしく、何のひねりもナシ。
しかも全員が文句ばかり
「めんどくさいー」
「何でそんなことしなきゃならないんだー」
何とか説得し、作業に入ってもらい、レイアウトを考えてもらいました。

15分後、仕上がったレイアウト表を見ると、自分たち編集委員の紹介が上半分を占めており、記事を掲載するスペースが残っていません。さすがに
「自分たちの紹介を一番先に、しかも大きくするのは良くないよ」と言うと
「何でダメなのー!」と予想通りの展開に。

「本を見てみなさい、著者とか出版社の情報や、著者のあいさつは、一番最後にあるでしょ?
最初に自分の事を書くと、読む人があまり良い思いをしないからだよ。
しかも記事が載るスペースがないでしょうー」と伝えると、
予想に反して「はい」と素直に聞いてくれました。

最後に日程や、やらなければならない事を伝え、第1回目の打ち合わせを終えました。

前回の第2回編集会議では記事を決めました。
1、ハロウィンパーティーの報告
2、新聞キャラクターの紹介
3、会館に入れて欲しいマンガアンケート
4、編集委員の紹介

そして書き方の講習。
「いつ、どこで、だれが、なにを、どのように、どうしたか」5W1Hをしっかり書く事を伝え、
役割分担をし、内容を考えるよう伝えると
「やるからー、次はお菓子もってきてー」
報酬もらわないとやらないのかー、と思いながらも
「わかった、持ってくるから、しっかりやっておいてよ」と答えて
第2回を終了。

昨日が第3回。会議の目的は内容を決める。
私の顔をみるなり
「お菓子持ってきたー?」
「持ってきたよ」と六花亭の雪やこんこを渡すと
「やったー」
そして会議。
内容を決めようと思ったら、もう決まっていて、あとは清書するだけ。

どこでスイッチが入ったのか、前回私が帰ってから、自分たちで話し合い、遅くまで残って作業を進めたようなのです。
最初は面倒くさいとイヤがっていた子どもたちが、チョッとした事でやる気になったので、大変驚きました。

私がした事は、ただ「この子どもたちは絶対にやってくれる」と信じて接しただけです。

我々大人は、子どもに対して文句を言うのではなく、子どもを信じて、愛して、心から接し、大人自身が変われば、子どもは良い方向に行くのだと、改めて痛感させられた瞬間でした。

未来のある子どものため、我々大人が成長し、良い世界を残していきたいと心から思いました。

桑園児童会館のみなさん、また会えるのを楽しみにしていますよ。

 1  |  2  | All pages
Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.