自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2011年4月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2011年4月

札幌エルム共育学院野幌校、開校11.04.29

4月25日、野幌に「札幌エルム共育学院」が開校しました。
長い準備期間を経て、何とか開校することが出来ました。

生徒も定員30名に対しそれを超える応募があり、面接の結果、辞退者1名を出したものの、29名で開始することが出来ました。

開校式には、1名の遅刻も無く、開始予定9時30分に対し、28分に開校式が開始されました。

まず私の挨拶から始まりました。
0009.JPG

学校名の由来と、学校理念を伝え、我々職員一同が、どのような心構えで、生徒に接するかをお伝えしました。

私たち職員一同は
「全生徒の幸せ」
「全サービス利用者の幸せ」
「社会の幸せ」を実現し
「全世界の幸せ」を追求し続けます。

この理念でやっていきます。
これが出来ていないと思ったら、遠慮なくクレームをつけてください。
と生徒さんにお伝えしました。

また、続けることの大切さを話させて頂きました。
「皆さんは、卒業と同時に、良い仲間・資格・職業を得ます。あとは就いた仕事を続けるだけです」
「仕事を辞める理由は、待遇の不満・業務の不満・人間関係の3つです。この3つにならないように仕事をすれば続きます。この不満が出ないために持つ心構えは、利他の心です」

こんな話をして、開校式が終了しました。

生徒の皆様、3ヵ月後、全員が無事卒業と就職が決まることを心から願っています。
0067.JPG

鮭のハンバーグ11.04.17

先日、お客様より
「すごい商品を開発したので、広告を作ってほしい」
という依頼が来ました。

聞くと、鮭のハンバーグでした。

この商品の理念が、
北海道の産業は1次産業で、サービス部分が不足している。
そこに加工して付加価値を付け、北海道を活性化させる。
というものでした。

その方の理念に共感したので、一生懸命ヒアリングしていると。
「まず食べてみなさい」と言われ、指定のレストランに呼び出されました。

そこは札幌でも有名な老舗フレンチレストランで、私なんか入れる身分ではない感じの店でした。
そのシェフが商品開発をしたらしく、そのハンバーグが出されました。

P4130006.jpg

見た目がきれいなのはもちろんですが、一口食べて、鮭だとは分かりませんでした。
くせが無く、ジューシーで、舌触りがよく、肉感があり、エビ風味のソースの後味の素晴らしい、本当においしいハンバーグでした。

P4130005.jpg

この素晴らしいハンバーグが商品化される時の、広告をこれから作ります。
商品化されたら、ご案内しますので、ぜひ食べてみて下さい。

本当においしいです。

盛和塾札幌4月分科会11.04.16

昨日盛和塾札幌4月の分科会が、大通西3丁目のビッセ18階の大和証券会議室で行われました。
P4140014.jpg

西向きの窓には大倉山シャンツエが正面に見え、
会場を提供してくれた木山様に「会議では、ざぞ良い案が出るのでしょうね」
と言ってみると「景色にみとれて、案が出ないのですよー」という冗談が返ってきました。

有名おにぎり店「ありんこ」さんの、おいしいおにぎりと豚汁を食べた後、勉強会が始まりました。

テーマは
「素直な心を持つ」「常に謙虚に」「感謝の気持ちを持つ」です。

自分なりに解釈した事を書かせていただくと
素直な心で聞くと、吸収されるので、人間的成長(変化)がおこる、だから大切。

では素直の定義とは?
自分に対しての意見に
「どんな嫌いな人に言われようと」「どんなに嫌な言い方をされようが」その言っている事が、
人として正しいかどうかを判断し、取り入れられる。

では素直に聴けているかどうかの自己判断は?
言われた事に対し、否定感があったかどうか。
言われた事が、努力しなければならない事であった場合に、それを嫌だと思ったかどうか。
(努力すれば成長できると分かっていて、その苦労を嫌だと思うという事)

そして、「自分はまだまだだ」という謙虚な姿勢を崩さず、
どんな事にも感謝していく。
本当に困った時、振り絞るような「ありがとうございます」が出る。
(例えばお店に全然お客様が来ない、その時に来たお客様に出る感謝)
その感謝の気持ちを忘れず、仕事に向かう。

目からうろこが落ちる発言がたくさん出ました。本当に勉強になります。

勉強会の終了後、木山様より別室からの夜景をプレゼントされました。
P4140015.jpg

ライトが自粛気味ですが、本当にきれいでした。
塾生の皆様、有意義な時間を共有させていただきまして、本当にありがとうございました。

札幌リバティライオンズクラブ4月第1例会11.04.15

去る4月13日、我が札幌リバティライオンズクラブの4月第1例会が開催されました。

今回は、次期役員選挙が行われ、会長・幹事・会計の三役をはじめ、全役員が決定しました。

また当クラブから、大変な名誉のあるキャビネット役員(道央支部の役員みたいなもの)も選出され、充実した例会となりました。

その後、例のごとく2次会となり、当会員の店「カエルの子」に向かいました。
会員の一人が誕生日で「例会に出ないで、家族とお祝いしろ!」というヤジのもと、皆でお祝いしました。
P4130010.jpg

P4130012.jpg

その後、3次会で、これまた会員の店「花風樹」。
最後は大先輩のごひいきのお店「マンション」で散会しました。
(若手全員がごちそうになってしまいました。ご馳走様でした)。

この会に出ると、良い仲間に囲まれて、自分は本当に幸せ者だと実感させられます。

カウンセラー養成講座1級2年目、説明会11.04.13

昨日、北海道家庭生活総合カウンセリングセンターのカウンセラー養成講座1級2年目の説明会が開催されました。
P4110123.JPG

この1級の2年目の大きな特徴は、実際に電話でカウンセリングを行うという事です。
悩んでいるクライアントが、無料電話相談サービスに電話してくるのですが、その方に実際にカウンセリングを行うのです。

それが当番制で、約2カ月に1日(約5本の電話をとる)という頻度になるようです。

心得としては
傾聴・共感・守秘義務という、カウンセラーとしての基本を守る事です。
そして、カウンセラーの範囲を超えた相談に対して、適切な機関を紹介する
(例えばDVなら警察、借金なら弁護士会等)

そしてそのケースを皆で研究し、自分を高めるという事になります。

5月から実習です。気を引き締めて頑張ろうと思います。

 1  |  2  | All pages
Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.