自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2011年5月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2011年5月

盛和塾札幌分科会5月「常に明るく」「仲間のために尽くす」11.05.30

5月26日、盛和塾札幌分科会5月例会が、はなまる本部で行われました。

今回のテーマは「常に明るく」と「仲間のために尽くす」でした。

「常に明るく」ですが、
この常には「会社の資金が尽きても」「会社が潰れても」常に明るくとうくらい、常にです(笑)。

経営者が明るくなれない原因の中で、よく話題になるのが、「従業員の事」です。
「あいつが気に入らない」「働かない」「態度が悪い」等、いつも小言が頭の中にあり、腹が立つ。
こんな話題が出ます。

では、何で腹が立つの?
「相手に期待しているから」「頼りにしている」「あてにしている」しかし思い通りに動いてくれないから。
こんな意見が出ていました。

ではどうやって明るく従業員に接するか。
それは「従業員に感謝する」。
怒る時も「従業員の幸せを思って怒る」。
こんな感じが解決策ではないかと感じました。

また突発的な事象が起こっても、明るくなれません。
その場合は
「事実は1つ!とらえ方をポジティブに!」です。
例えば転んで右足を骨折したとします。その時「左足が無事で良かったー」ととらえる。
難しいですが、悲観しても事実は変わらないという事を、理解する事です。


「仲間のために尽くす」
従業員が本当に幸せな状態にあるのは、「安定した報酬」と「良い仲間」です。

この逆説が「成功報酬型会社の末路」です。
リクルート社で長年多くの会社を見てきた、高岡氏の言葉がそれを物語っています。
「成功報酬型の会社は、社員の出入りが激しくなります」
理由は、高い人は「もっと報酬をくれ、くれなければ他に行く」
低い人は「成績が悪くて、会社にいずらい」
こんな感じで、社員が定着しない。
なので会社は、利益が出たら「内部留保」。損益が出たら「留保を吐き出し雇用を守る」
これが理想ではないかと感じました。

そうすると、従業員が信頼関係のもと、安心して働け、仲間のために尽くす。

こんな会社になるよう、努力したいと思いました。

「東日本大震災とこころへの影響」PTSD11.05.29

人は、大災害・事故・戦争・事件等により、心に重い傷を負うことがあり、それが3ヶ月から半年たっても、癒えず、後々まで尾を引くことがあります。
これを「心的外傷後ストレス障害」(PTSD)と呼びます。
近年「阪神淡路大震災」や「地下鉄サリン事件」などでよく知られるようになってきました。

被災地で今後懸念されるこの件について、
高塚雄介氏(日本精神衛生学会理事長・明星大学大学院人文学研究科長)
をお迎えし、
北海道家庭生活総合カウンセリングセンター主催の講演会が開かれました。
P5280029.JPG

まず結論です。
この問題は9月以降に問題になってくることが予想されます。
このことについて説明させていただきます。

まず、災害により、心が大きく揺さぶられます。そのため普段とは異なる精神状態と様々な変化が起こります。
それが3つの段階に分けられます。

第一次段階(被災直後)
高揚した気分に襲われます。普段おとなしい人がじょう舌になったり、活発に動き回るなどの行動が起きます。
これは火事場のバカぢからみたいなもので、2~3日位で鎮まります。

第二次段階(被災後2~3日後以降)
高揚した気分は消失し、
①喪失感=大事な人や物を失い、辛さ・悲しみがおこり、否認・怒り・悲憤の感情が交錯します。
②脱力感=なにをするにもおっくうになり、無気力になります。
③不安感=再び被災するのでは?、将来の不安で眠れない状態が続きます。
④興奮=突然興奮し、怒りや大声や泣き出したりします。
⑤身体症状=頻尿・おねしょ・失禁が多く見られます。

これが3~6ヶ月間続き、次第に落ち着きを取り戻していきます。
しかしその後、次の第三次段階に進むと、PTSDと認識し医療的ケアが必要になります。
ほとんどの方が第二次段階から治っていくのですが、1割くらいの方が次の段階に入ってしまうらしいのです。

第三次段階(被災後3~6ヶ月以降)
①眠れない、又は浅い。
②食欲の変化(過食・拒食)
③持続的な不安や恐怖感
④その出来事が繰り返し思い出される。
⑤夢でうなされる。
⑥ピリピリし、周囲の動きに敏感になる。
⑦被災前後の細かいことが思い出せない。
⑧うつうつした気分がとれない。
⑨悲しい気分が続く。
⑩涙もろくなる。絶望しやすい気分が襲う。
⑪いらいらし、怒りっぽくなる。
⑫気分が散漫になり集中できない。
⑬感情が鈍磨し、引っ込み思案になる。
⑭他社と気持ちが通じ合わない気がする。
⑮愛する者への過度の心配がつきまとう。
⑯心的外傷体験に関わる話題・人・場を避ける。
⑰頻尿・失禁が続く。
⑱寝汗・腹痛・下痢

被災後6ヶ月で第三次段階に入るとPTSD、
つまり9月以降にこの問題が出てきます。

この心の問題の対策を構築しておかなければならない。
キーワードは
「人を支えるのは、人しかいない」ということです。
人間関係が最重要で、支えてくれる人がいるとPTSDになりにくい。
統計でも、下町でご近所づきあいのある地域では発症率が低いらしいのです。

では、我々北海道家庭生活総合カウンセリングセンターのカウンセラーはどのような行動をとるべきか。

高塚氏いわく
「組織をつくり、組織として動き、現地の関係組織と連携して、行動をとる。やみくもに行動しない。
そのためにまずは現地の関係機関に打診する。
カウンセラーとしては、傾聴ボランティアなどが良いのではないか」
ということでした。

先週、仙台に行ってきました。
少しずつ瓦礫や車が撤去され、物質的には整いつつあります。
P5210008.JPG

しかし、
本当の被災地支援は、これからだと、改めて実感しました。

家庭生活総合カウンセリングクラブ総会11.05.15

5月14日、北海道家庭生活総合カウンセリングセンターの中の
「家庭生活カウンセラークラブ」の総会が行われました。

このクラブはカウンセラー相互の親睦交流を密にし、色々な研修をはかり、カウンセラーの資質向上を図り、北海道民の福祉増進に寄与するためのクラブです。
このクラブは全道に支部があり、総会で各支部から会員が集まりました。
主な内容は事業報告と事業計画です。
P5140047.jpg

本年度は、公開講演会を各地で開く予定である事が盛り込まれました。
直近では
5月28日、かでる27で「メンタルクライシスと支援」
という題目で、高塚雄介氏(明星大学教授)が講演されます。
第1部「被災者の心理とその支援の在り方」
第2部「支援者に対する心理的支援~二次受傷」
です。
今回の震災における、心の支援の在り方です。
ご興味のある方は、ご投稿願います。

午後より研修会があり
鎌田隼輔氏(札幌こころのセンター所長)による
「カウンセリングを学ぶ人のために」という講演がありました。
P5140050.jpg
当センターの講演会は内容が濃いです。
また、決まりましたら、書かせて頂きます。

守成クラブ札幌南、5月例会が無事終了11.05.14

去る5月11日、守成クラブ札幌南会場の例会が
ホテルライフォートにおいて開催されました。

第20回大会という節目の回で、約60名の参加者を迎え、盛大にとりおこなわれました。

新入会員さんも8名を数えました。
その数もさることながら、嬉しかったのが業種の豊富さでした。
「新生児のオーダーメイド・ドレスデザイナー」
「ネズミの除去業者」
「アンティークショップ」
「総合リサイクル業」
「閑静な住宅街の高級レストラン」
「カイロプラクティック」
「ガラスデザイナー」等
でした。
札幌南は、本当に業種の多い、個性的な会場だと思います。
P5110038.jpg
(例会終了後の集合写真。美しい女性が最前列を陣取る札幌南らしい写真です)

例会終了後、例により2次会に突入しました。
会場は
「宋さんの飲茶」
相変わらずの盛り上がりでした。出席者も半数を大幅に超える出席率です。
P5110040.jpg

会員同士の交流が強い、本当に素晴らしい会場です。
ご興味のある方は、投稿してみてください。

小樽の海の前のカフェ11.05.02

札幌市には海が無いのですが、隣の小樽市には素晴らしい海の景色が見えるポイントがたくさんあります。

この時期は、海風がまだまだ肌寒い時期なので、窓の大きな景色の良いカフェでゆっくりするのがお勧めです。P4290027.jpg

札幌から行くと、小樽市内を抜けて、塩谷海水浴場を超えて、蘭島海水浴場の手前に、オショロ(忍路)という所があります。

そこに「ハンマーヘッド」というカフェがあります。
見晴らしが良い、静かなカフェです。
お勧めです。
P4290028.jpg

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.