自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2011年7月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2011年7月

ライオンズクラブ、ガバナー公式訪問11.07.28

ライオンズクラブは全世界組織の奉仕団体です。
その中の日本支部、その中の北海道支部、その中の道央支部の一番偉い人をガバナーといいます。
(正式には違うのですが、分かりやすく)

その道央支部長さんが、支店をあつめて、就任あいさつをするのが、この「ガバナー公式訪問です」
ガバナー1.JPG

ここで道央支部長が、1年間の活動方針と、考えを述べて、その後懇親するというものです。

その懇親の直前にヘレンケラーのビデオが上映されました。
ヘレンケラー.jpg
私はヘレンケラーの動画をはじめて見ました。
なぜヘレンケラーかといいますと、簡単に説明します。
ライオンズクラブは発足当初は金持ちの集まりでした。
しかしこのヘレンケラーが、皆を前に、講演した時から、ライオンズのメンバーは社会奉仕活動に目さめたといううような感じです。
ですので、ライオンズクラブの大切な活動の中に、「献血と献眼の普及」があります。
(ちなみに私は今年この「献血献眼委員」です)
身も心も血も眼も捧げるつもりで今年一年がんばろうと思います。

札幌エルム共育学院江別校の第1期生が卒業11.07.28

去る7月21日、札幌エルム共育学院江別校の第1期生の卒業式が行われました。

入学予定者30名のうち、入学直前のキャンセルが1名で、29名の生徒でスタートした教室でした。
その29名全員が、卒業し資格を取得してくれました。
また、卒業前から数名の就職が決まっており、この29名がいかに素晴らしかったか、改めて思い知らされました。

家庭の事情等で、途中くじけそうになった生徒さんもいました。
しかしそれを他の28名が補い、お互いに助け合っての、全員のゴールでした。

本当におめでとうございました。感動しました。

その後、夕方の17時半より、ぴよっと江別店で打ち上げが開かれました。
全員出席とはいきませんでしたが、25名の出席で本当に盛り上がりました。
思いがけず花束まで頂いて、これも感動しました。
P7210247.jpg
多分、みんなで少しずつお金を出し合って、買ってくれたのだと思います。
本当にありがとうございました。

最後にみんなで記念撮影。
P7210250.jpg

この後、カラオケに行って、生徒さんの経営する、スナックさくらで幕を閉じました。
JRに乗り遅れた私は、タクシーで帰ろうとしたのですが、さくらのママのご主人が札幌まで送ってくれました。
これも本当にありがとうございました。

この思い出は私にとっても、大切な宝として、忘れず胸に刻まれました。

生徒の皆さん、
就職しても、こんな素晴らしい仲間がいる事を絶対に忘れず、仕事を続けて下さい。

エルム共育学院、心の授業11.07.15

去る7月14日、札幌エルム共育学院で、面接における心の在り方を講義させて頂きました。

テーマは、
面接で「採用して頂けたら、誰にも負けない努力で、一生懸命に、長く働き続けます」と言える自分になる。
(小手先の面接テクニックではダメ、採用者は何人も見てるので、見破られる、本気の面接をする)

なぜ、こんなテーマかといいますと、生徒さん達の面接における不安点は
「どんな質問をされるの?」
「採用者はどこを見て採用を決めるの?」
「自分をアピールする方法は?」
「2人採用したい人がいたら、どんな理由でどちらに決めるの?」
等でした。

これらの疑問全てに共通する答えが、このテーマだと思ったのです。

とにかく採用する側は、謙虚で素直で努力を惜しまない人材を求めているはずです。
そうすると、「採用して頂けたら、誰にも負けない努力で、一生懸命に、長く働き続けます」
と心から言える人であれば、採用される確率が高くなるのではと考えました。

しかし、これを実践するのは本当に大変な事です。
では実践するにはどうするか。
「利他の心で働く」です。
自分のために働くと、「仕事が辛い」「給料が安い」「職場の人間関係がイヤだ」
と、不平不満が出てきて、長く続きません。

ですので
「家族のため」「仲間のため」「サービス利用者さんのため」等
人のために、働くという意識だと、長続きします。

人のためという事は、その人を嫌っていては出来ません。
そうならないために
「カウンセリングマインド」を伝授しました。(これは表現が難しいので別な時に詳しく書きます)

そんな講義でした。
3時間にわたる講義をしっかり聞いてくれた生徒さん、本当にありがとうございました。

就職したら、だれにも負けない努力で、長く働き続けて下さい。
P7140210.JPG

次に生徒に会えるのは、卒業式です。
何だかあっという間の3ヶ月でした。
寂しいですが、祝福して送り出したいと思います。

守成クラブ札幌南7月例会11.07.08

昨夜7月7日の七夕に、守成クラブ札幌南会場の例会が
ホテルライフォートにおいて開催されました。

今回の出席者が78社と、盛り上がりを見せ、
会員さんが増えるにしたがって、会員間取引も活発になってきました。

活動報告では今月の会員間取引の最高額1200万円が発表されましたが、
景気の良い南の会員さんからは、どよめきすら起こりませんでした(少し寂しい)

また他会場から、
札幌東の新代表や、新設横浜みなとみらいの新代表、さらに札幌北からは代表と副代表が出席してくれました。

そんな中、楽しい例会で、無事終了
P7060155.jpg

2次会は会員さんのお店「リストランテ・ゼンゼロ」で行われました。
例によって54名が出席してくれて(70%の出席率)
これも盛り上がりました。
P7060163.jpg

その後、それぞれ分かれて3次会4次会と流れていきました。

スナックりえ、ファイブセンス、セカンドライン、南光園、ひげのうし、宋さんの飲茶、等
皆さんそれぞれ、たくさんの会員さんの良い店に散って行きました。

札幌南の例会は最高です。

第19回盛和塾世界大会 IN 横浜11.07.08

去る7月5・6日の2日間にわたり、
第19回盛和塾世界大会が、横浜国際会議場で開催されました。
3,000社を超える塾生の参加で、大変盛り上がりをみせました。

内容はといいますと、
「素晴らしい経営をされた塾生の中から」
「よりすぐりの塾生8名が」
「全来場者の前で、経営体験発表を行い」
「稲盛塾長からコメントやアドバイスや叱咤激励を受ける」

という感じで進んでいきます。
P7050082.jpg

お一人目は、売上34.5億円・従業員565名の病院から始まり
150億円1871名のお惣菜屋さん。
27億82名のネジの製造。
184億799名のルタオでお馴染みのお菓子メーカー。
19億260名の農家レストラン。
31億35名の精米屋さん。
18億104名の牡蠣エキスでお馴染みの健康食品メーカー。
28億248名のミシン部品メーカー。

いかにして会社を伸ばしてきたか、そういう発表の場です。
皆さん共通するのは、稲盛哲学を徹底的に勉強し、実践していました。

事業がうまくいく方法はこの哲学を徹底的に実践するしか方法はないと思いますが、
これは「マラソンを全力疾走するようなもの」で大変厳しい事です。
やれば優勝するのはわかっていても、全力疾走できないので、勉強している、未熟な私ですが、

全国の素晴らしい塾生のソウルメイトの体験を聞いて、元気が出ました。
発表者のみなさな、本当にご苦労様でした。
そして心から尊敬申し上げます。

最後に、盛和塾には福島があります。
被災した福島の伝統芸能も紹介されました。
P7050099.jpg
P7050104.jpg
「豊景神社の大々神楽」

このほかに、「高柴ひょっとこ踊り」
「会津磐梯山とかんしょ踊り」

素晴らしい伝統芸能でした。

福島の皆さまはじめ、被災地の皆さま、
がんばって下さい。

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.