自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2011年9月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2011年9月

ライオンズクラブ献血研修会11.09.13

ライオンズクラブの社会奉仕の、重要な柱に
「献眼」と「献血」があります。

献眼は角膜の登録ですが、これはヘレンケラーの講演がライオンズクラブの会員の前で行われてから始まったものです。

もう一つの柱の献血の研修会が、日赤血液センターの主催で開催されました。

実はライオンズクラブの奉仕活動で、北海道の全献血の1割を生み出している、我がクラブは献血では最大の貢献をしているのです。

今回の研修では、血液センター側より、さらなる協力要請がありました。
それは成分献血のお願いでした。
P9120013.JPG
血液は当然必要なのですが、特に出血した時に血を固めて止血する成分の血小板が必要になっているようなのです。
その場合、普通の献血ではなく、成分献血というのが有効らしいのです。

献血すると、赤血球が増えにくく、回復するまで、しばらく献血できないのですが、この成分献血は、血液から成分を取り出し、赤血球を血液に戻すというやり方らしいのです。

しかしこれにはデメリットがあり、
献血に80分かかる。
できる場所が札幌では山の手の血液センターのみ。
血小板の保存が4日しかきかないので、必要になった時に呼び出しに応じていただける人が必要。

なので献血するには半日を要するような感じらしいのです。

しかし、人命がかかっています。
なんとか多くの登録をお待ちしております、という事でした。

懇親会では、活発な意見交換が行われ、盛会に閉会しました。
P9120015.JPG
身も心も、血小板も捧げられる方、御連絡お待ちしています。

北区カウンセラー懇親会11.09.13

私の所属する北海道家庭生活総合カウンセリングセンターには、各区に支部があります。

私は北区に所属しています。
その支部では年に2回ほど懇親会があり、昨日はその懇親会でした。

女性がすごく頑張っている業種で、本来女性は話したい方が多いと思うのですが、カウンセラーだけに人の話をよく聞く方が多く、色々なところで、うなずいている女性の姿がみられました。
PTAとかの飲み会とは一味ちがう雰囲気で進みます。

ただ、カウンセラーといえども人間です。
悩みや話したい事があります。
お酒がすすみ、あるカウンセラーの方が、私に悩みを打ち明けはじめました。
(守秘義務で内容は書けませんが、息子さんの事でした)
ゆっくり聞かせていただき、「素晴らしい親子関係ですね」
と言ったところ、ホッとしていました。

これだけで、この日の飲み会に意義があったなー、と小さな満足を感じました。

次は新年会ですね。
北区の皆さん、またの懇親会を楽しみにしています。

盛和塾生同士の交流11.09.13

盛和塾の福島開塾式で、愛知の住宅メーカーの社長さんと知り合いました。
その社長さんは、FC展開をしており、その関係で札幌に年に1度来るらしいのです。

それが先週の火曜日でした。
素晴らしい成功をおさめている社長さんの話を聞きたいと思い、何とかお願いして、ランチを御一緒していただき、経営に関する相談をしてもらいました。

売り上げを上げるためにはどうしたら良いか?
なんていう基本的な質問は失礼だと思い(本当はしたかったのですが)
違った相談をさせていただきました。

「印刷業界は先細りであるので、業務拡大のためには、新規事業の立ち上げをするのが良いか、既存事業に力を入れるのとどちらが良いですか?」

という質問に、素晴らしいアドバイスを頂いたので、ご紹介させて頂きます。

まず本業は本当に精一杯やっているか?
印刷業種も成熟業種だと思うが、住宅関係もそうである。
札幌のシェアを50%もとっていれば、伸びシロはないかもしれないが、1%にも満たない小さなシェアなら、まだまだ伸ばすことはできるはず。
もっと一生懸命にやってみてはどうか?

しかし新規事業も大切なので、もしやるとしたら、任せられる人材を作らなければならない。
そして事業計画をしっかりして、収益を上げれるという確信をもつ。
そのうえで新規事業やるのであれば、良いのではないか。

というアドバイスでした。

不況で、先細りの感覚にとらわれ、閉塞感に包まれて不安を抱えている経営者はたくさんいると思います。
この素晴らしいアドバイスで、私のように少しでも勇気をもらう経営者がいたら幸いに思います。

戦後の焼け野原のような、何もない所から、松下電器、ホンダ、ソニーは産れた。
その努力に比べれば、今の中小企業は努力が足りない。
BY稲盛和夫塾長

守成クラブ札幌南9月例会、無事終了11.09.09

去る9月7日、守成クラブ札幌南の9月例会が開催されました。
当会場は2年前の発足当時から、目標会員数を100社にしていたのですが、それを先月で越えました。
なぜ100社かというと、100社になると会員間取引が活発になるという先輩会場の事例があったので、素直にそれを目標にしていました。
2年がかりでそれを達成したという事で、本部からも表彰されました。
会員の皆様、ご苦労様でした。

会員数が増えても、札幌南の雰囲気は変わらず、楽しく商談し、仲良く取引で交流を図っています。

2次会は、インド料理「チャンダマ」で40名の参加があり、
「素敵な夜に乾杯!」の掛け声でスタートしました。
3次会には沢山の会員が数箇所に別れ、こちらも会員さんのお店に行っていたようです。

来月は2周年例会です。
100社の例会参加を目指して、会員一同頑張ります。
DSC_4984.jpg

守成クラブびっくりマーケット開催される11.09.04

本日、守成クラブ札幌5地区合同で、ビックリマーケットというイベントが札幌市北24条のサンプラザホテルで開催されました。
このイベントは、年1回札幌の会員さんが集まり、ホテルのロビーと前庭を貸切り、出店を出して一般市民の方に、自社製品を販売するという、お祭りのようなイベントです。
P9040003.jpg
屋内では、ブース形式で、色々な企業が製品案内や製品販売を行っていました。

屋外では、焼き鳥や、焼きそばはもちろん、インドカレー・いももち・海鮮焼き・おでん・ビールなどのドリンクの屋台が並びました。

天候の変化が激しい中、何とかお客様を迎える事が出来ました。
P9040004.jpg

また、屋台でお食事のお客様向けに、音楽のイベントも行われました。
メインはエレクトーンとフルートの素晴らしい双子のユニット「μ(ミュー)」の演奏です。
P9040006.jpg

地域の方々と会員の方々に喜んで頂けたのではないかと思います。
来年も、さらにパワーアップして、開催される事と思います。

関係者の皆さま、本当にご苦労様でした。

 1  |  2  | All pages
Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.