自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 2012年5月

社長 河上太の気まぐれBLOG

2012年5月

「経営理念浸透プログラム」で業績を上げる12.05.27

「京セラ経営理念浸透プログラム」

京セラのグループに「KCCSマネジメントコンサルティング」という経営コンサルの会社があります。
その中の「理念浸透コンサルティング部フィロソフィ浸透課」があります。

ここは、「自社に経営理念を浸透させたい」と依頼のある会社に対し、経営理念手帳作成プロジェクトを作り、それを会社の基準とし、社員全員が同じ理念に向かっていける環境を整えるお手伝いをしてくれる会社です。

その社員の方々が、先日来札し、プログラムについてお話ししていかれました。
内容が、経営者の方の参考になると思いましたので、書かせていただきます。

経営理念は本来、各社員が一人で黙々と読んで、実践しなければならないものである。
そして浸透とは「実践して成果を上げる事」。

まずはJALの話しです。
経営破たんしたJALの業績がV字回復したのは、JALフィロソフィ手帳を作り、経営理念の徹底をしたからであると、稲盛名誉会長は言っております。
それほど、この経営理念の徹底は経営の要諦と言っていいほど重要な事なのです。

具体的には
自社で作った経営理念に沿ったフィロソフィ手帳を、毎朝朝礼で輪読し、それに対し各自がコメントし、それに対しリーダーがコメントする。これを繰り返し、フィロソフィを浸透させる。
「問題が無いのは問題である」(問題とは理想と現実のギャップの事である)。
こういう意識で、いつもフィロソフィを繰り返し、浸透させていかなければならない。
哲学は実践に結びつかなければならない。朝礼でいかにリーダーがよびかけられるのかが、業績回復のカギである。

しかし、これをやっている会社でも業績が上がる会社と、伸びない会社がある。
その業績の差は?

それは、
1、具体的な目標があるか?
2、その目標は何のためにあるのか?
「これが明確になっているか」
である。
目標しか無い会社は達成率が低い。
何のための目標か?明確にする必要がある。

将来の成功は、「今の努力の積み重ね」
である。ではどのような努力が必要か?

例)社員が「アイデアが浮かばない」と言う。
それは「知らない・やったことが無い」からである。
そういう人には、「体験談を伝える事により仮想体験させる」か、「実体験させる」

わかるまでではなく、実体験できるまで繰り返す。

人生はマグロと同じ、止まると死ぬと思って努力する、人間には無限の可能性があるから出来る。
そして頑張っていると、必ず応援してくれる人が現れる。

「進化」「深化」「新化」、3つのシンカで心を伸ばす。そして心だけではなく業績を上げなければならない。

これを続けていき浸透してくると、必ず去る社員が出る。その時は「イタイ」と思うが、これは浄化であり良い事が起きたと思ってほしい。
また、理念ができると新規採用場面で理念を伝えると、共鳴した人が入社するので、浸透のスピードが上がる。

業績は「正しい経営理念」をどこまで信じ切って、どこまで行動できるか
それにかかっているのではないかと思います。

「業績を上げる普遍の方法」12.05.26

「業績を上げる方法」盛和塾方式

5月21日盛和塾札幌自主勉強会が開催されました。
「盛和塾は仲良しクラブではない。業績が上がるのが大切」
ではそのために何をするのか?

まず人生は心の描いた通りになる、心で描いた事が人生になる。
(これは宇宙の真理です。なので善き事を思う。因果の法則はある)
あなた方の今の会社は、あなたの思った通りの会社になっているはずです。

では、
「フィロソフィを勉強しているのに、会社の業績が上がらないのは、どういう理由か?」
それは
「知っているだけで、それが血肉化していないからである」

「頭で思うのではなく、心で思う」
強烈な願望=心の中まで沁み込んだもの=潜在意識にまで到徹するほどの強い思い=信念にまで到徹したもの=徹底的に信じているもの
という事です。
信じてまでいなければ、使えない。

例)禅宗の僧侶
禅宗をやっている人が全て偉いわけではない。
それは僧侶が知識でしか知らないからである。
だから、やっている事と、言っている事が違うのである。

本来、人格が変わっていなければならないはずなのに、心に沁み込んでいないから、人格が変わっていない。
心に沁み込めば、人格が変わるはず。

人間は低次元の自我を持っている。それは「貪欲」「不平不満」「愚痴」「妬み」等である。
訓練しなければ、この本能で考えて判断してしまう。
それを理性で抑えて、心を戒めていく。すると、心の中に良い隙間が出来て来る。
信念にまでするという事は、これを繰り返すという事です。

では経営を上向かせるにはどうすれば良いか?
以下に掲げる「経営の原点12カ条」を明文化する。
そしてそれを、心の中に沁み込ませる。
そしてそれを社員と共有化し、社員の心にも沁み込ませる。
自分も信念まで高めなければならない。
繰り返し、社員との飲み会を開いて、その話しをする。
その飲み会は遊びではない。

心に沁み込んだ社員が何割いるかが、会社の業績になる。

盛和塾の塾生企業の社長さんが、稲盛和夫の講演会の「おっかけ」をしている方が数多くいる。
その人たちを見て、
中坊公平さんがおっしゃりました。
「仕事もしないで、こんなにオッカケしているような会社の経営が良いはずがない」
しかし、この「オッカケ」をしている社長さんの会社の業績は非常に良いのです。
それはいつも聞いて、心に沁み込んでいるからなのです。

京セラは様々な会社とM&Aしました。
その会社が、京セラの考え方(フィロソフィ)によって、1年でガラッと業績があがるのです。
これはマジックのように変わります。

では実例を挙げます。
例1)東芝ケミカル(有機絶縁材料製造会社)
買収当時は売上280億円、赤字24億円であった。
それが1年半で売上300億円、黒字24億円に改善された。

例2)三田工業(現京セラミタ、プリンタ製造)
買収当時は売上1,000億円、赤字200億円であった。
それが1年で売上2,100億円、黒字320億円に改善された。

例2)キンセキ(水晶人工育成会社)
買収当時は売上300億円、赤字50億円であった。
それが1年で売上430億円、黒字44億円に改善された。

この改善は、京セラフィロソフィをその会社に持ち込んで、心に沁み込ませたからである。
なので、この「経営の原点12カ条」を心に沁み込ませて、
給料を少しでも良くする、
少しでも将来を安定させる。
このように従業員の幸せを考えて経営して下さい。

という事でした。

「盛和塾に入ったら、業績が上がる。上がっていなければ恥です」そんな会にすると塾長は言っています。
厳しいですが、頑張らなければと思いました。

「経営の原点12カ条」
次回書きます。

京セラグループの恐るべき経営方針12.05.26

P5170105.JPG

先日、京セラ本社を見学に行った時に、貼ってあったものです。
平成24年の経営方針です。

簡単に説明します。
「まず売り上げを15%伸ばす」
「売り上げの20%を利益にする」

しかし、その目標にを達成するためには
「原材料の高騰」
「製品価格の下落」
「労務費の上昇」
「円高の進行」
「アジア勢の台頭」
という更なる競争の激化がある。

しかし
「徹底した原価低減に向けた構造改革」
「伸びる顧客・伸びる市場で売り上げ拡大」
「グローバル展開のための経営井t版強化」
「新製品・新技術開発」

「社員一丸となり、チャレンジ精神で乗り切ろう」

という事です。

その一番の根底にあるのは
「京セラフィロソフィ」の実践である。

という事です。

「理解した事はわかった事にはならない」
「実践してはじめてわかった事になる」

何事にも実践できなければ、学んだ事にはならないと、盛和塾では言われます。

自分の未熟さを、この1枚のポスターから感じました。

経営にとって「値決め」は重要、その考え方とは?12.05.26

「値決めは経営」
1999年9月16日に稲盛塾長が講話で話していた内容です。
P5210160.JPG

値決めは経営の重要はファクターである。
例えば、相見積もりで天びんにかけられ、他社に負けていると言われたとする。

もしかしたら、それは駆け引きかも知れないのに、馬鹿正直に対応する営業がいる。
そういう値引き対応していては、会社が存続しない。

まずはその時に、自らお客様の所へ行くのが一番良いが、そう出来ない時には、営業にその場面を再現してもらい、その中から事実を導き出す。

「他社はいくらなのか?」
「本当に値段だけで決定するつもりなのか?」等の
情報を正確につかむのが経営者の仕事である。

もし営業が簡単に15%の値引きをしたとする。営業が値引きをするのは簡単である。
「値引きします」で済むからである。
しかし値引きされると、製造業では製造する工場が、
流通業では、仕入れそれを
それぞれ、コストダウンで補わなければならない。

15%のコストダウンするのは、容易ではない。血のにじむような創意工夫がないと出来ない。

営業は安ければ受注出来る。
値下げして受注するのは簡単。
受注するのが偉いのではない。

しかし高すぎても、他社に発注がいってしまう。

要諦は
※「お客様が喜ぶ一番高い値段を導き出す」。これが営業の一番の偉業である。

情報を集め、審議を尽くし、トップが値決めをする。

例えば、屋台のうどん屋。
うどんの原価はそんなに変わらない、100円位だと思う。それを200円で売るか500円で売るか。
それに、「どこで」「どんな時間帯で」というような要素を入れ、価格を決める。

例1)コカコーラの販売戦略
販売当時、コカコーラは、ラムネやサイダーの3倍の値段だった。
「こんな高いもの売れる訳が無い」と思っていた。しかし、これが大ヒット。
コカコーラは販売店に多くのマージンを渡していた。だから販売店はラムネを売らずコーラを売ったので、大ヒットとなった。

例2)ヤクルト
カルピスと味は大した変わらないのに、バカ高い値段であるにもかかわらずヒットした。
ヤクルトレディに充分なマージンを渡していたから、レディが一生懸命に売ってくれた。

昔は(原価+利益=原価)という「原価主義」という考え方であったが、
値段を先に決める=それからコスト削減するという考え方に変わった。

今は販売する物の価値で売る。創意工夫で製品を開発しコストが2円でも20円で売る。
そういうマーケットが認めてくれる価格を設定する。

流通業(仕入れて売る)は30%のマージンは必要である。(それは右から左に流すだけで30%かかるということ)。
製造業は設計して製造して、頭使って無を有に変えているのだから、50%はあってもよい。
しかし資本主義理論から、そうはならない。

例)
製品価格1,000円の物は、700円で卸しである。なので製造業は400円で作らなければならない。

もし出来なければ、製造原価削減のためVA(バリュアナリシス)で、ガラッと発想を変え、設計や製造工程そのものを変えて、製造原価を下げなければならない。(仕入れをたたくだけではダメ)

技術屋は、製造コストをどう下げられるかが仕事(大発明ではない)。
どう設計や工程を変えたらコストがさがるか考えられるかが、優秀な人材である。

それでもダメなら、扱いを辞めて、新製品を開発するか、扱い品目を変える。

ホテル業を成功させる方法12.05.23

ホテル経営の要諦

「やさしい思いやりに満ちたホテル創りを」

2004年2月16日、京都の「ホテル日航プリンセス」の倒産に伴い、京セラがこのホテルの経営に参入した時の稲盛塾長が従業員に話した内容です。

これがホテル経営の全てと言っておりますので、サービス業の方、参考になればと思い、書かせて頂きます。
P4230008.JPG

まず「なぜこのホテルを?」

ホテル日航プリンセスが倒産して、そのままにしておくと、外資が首都圏の資本が入ってきてしまう。
このホテルはどうしても地元京都の資本でやりたいと思い、経営に参画した。
「京セラがホテル?」と疑問に思われる方がおられるかも知れませんが、経営の要諦は同じです。
実は鹿児島にも京セラのホテルがあります。黒川キショウさんの設計で建設しました。
当初は赤字覚悟で始めましたが、黒字になっています。京セラが成功させたと、業界でも話題です。

では「従業員の方々に、どのような気持ちで勤務して欲しいか」お伝えします。

京都は1200年の歴史が詰まった街です。第2次世界大戦でアメリカの有識者が
「京都は空襲しないで」と嘆願された街で、それが理由で空襲が無かったのです。

今後は中国からの環境客が増えます。
中国のある場所は、砂塵が舞っている。
そんな中国人にとって、京都は本当に素晴らしい、あこがれの街なのです。
中国人の所得が上がれば、必ず京都に来る観光客も増えます。

あこがれの街で働く機会を与えられたのだから、それを活かして人生を切り拓いて欲しい。

世界№1のホテルは従業員の質です。お客様があなたを「自分の子供の配偶者にしたい」と思わせる位のサービスをしてほしい。
日常を明るく感謝の心で過ごして欲しい、そうすれば職場でもそうなる。努力して心を明るい方向に向けて欲しい。

そして次に一人一人の生産性を、創意工夫で上げる。そうすると収益が上がる。そうして皆さんの待遇を改善したい。
ホテルは従業員の幸せのためにあります。

慈悲の心・愛が一番大切です。
宇宙には因果・原因と結果の法則があります。心に思うだけで因になります。
常に善き事を思うようにして下さい。

という事です。

要諦は「世界一のサービスを提供し、努力と創意工夫で業務改善をする」
という事でしょうか。

ホテル経営も会社経営も同じだと、稲盛塾長はおっしゃっております。
これは会社の経営にも通じるかもしれませんね。

 1  |  2  |  3  | All pages
Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.