自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ > 経営のこと

社長 河上太の気まぐれBLOG

経営のこと

上海における現地法人設立法15.09.27

セミナー第一弾は、
上海において、適切な会社の設立について、
税理士法人 山田&パートナーズ 代表社員/パートナー
亜瑪達商務諮詢(上海)有限公司
総経理 春田 憲重 氏
に、お話しをいただきました。
春田セミナー.jpg

まず、中国におけるビジネス様式(法人・非法人)は4種類

①非法人形態(常駐代表処)
法人を設立せず、常駐の人を置いて、まずは営業するという形態です。

撤退も簡単なので、
規模は小さいが「とりあえずやってみよう」
というケースに適しているようです。
しかし、この形態には大きなデメリットがあります。
2009年から税制の改正により、
経費の15%を利益とみなして課税されるようになりました。
これにより、大量仕入れなどの高額な経費があって、結果的に赤字になった場合には、更に仕入額の15%を税金として納めなければなりません。
ダブルの痛手となるので、気をつけて下さい。


②パートナーシップ形態
これはそのまま、パートナーシップです。
簡単ですが、大きなリターンにはならない形態です。


③法人形態(中外合資企業・合作企業)
日本で言われている「合弁企業」形態です。
いわゆる、様々な決め事の上で、共同で出資し会社を運営していくことです。
しかし最近、合弁を解消するケースが増えているようです。

理由は
・合弁が上手く行かない場合が多い
・中国のパートナーがいなくても、コンサル等で賄える
ということです。


④法人形態(独資)
最後に、メインの内容となる、「単独で法人設立」です。
最近は、合弁の解消が増えているため、この「独資」が増えているようです。
先にお伝えしたように、パートナーがいなくても、コンサルタントが運営のお手伝いをしてくれるため、
単独で運営出来ると判断できれば、これがオススメらしいです。

では次に、法人設立までは、どうなるか
まず、期間ですが最低でも約4ヶ月かかるということです。設立登記の手続きが大変のようです。

設立資金は、法律上は不要だが、窓口に行くと高額な金額を言われるようです。それは低い金額で認めると、乱立してしまうからということです。

法定代表人が日本人だと、何かの申請の度に、本人が行かなければならない。社長が頻繁に行けないのであれば、現地にいる方にした方が良い。

次に利益金をどう送金するか
基本的に中国は外国送金が面倒な国です。
50,000ドルを堺に、申請が必要か、不要になるようです。
送金方法は、1配当・2手数料、の2種類があります。

最後に税制です。
企業所得税(法人税)は25%、繰越欠損は5年まで
増値税(消費税)、これは税務局発行の領収書でなければ経費にならないため、役所で管理されている。
しかしなぜか、この領収書が出回っていて、まともに税金を納めずに済ませている企業が多いらしいです。
社会保険は、所得額と連動しないため、労働者は手取りを増やしたいため、不正に低く申請するのがほとんどのようです。

中国で会社を設立するときは、このような事に気をつけて、設立して下さい。

このセミナーの後に、ホテルの近所に大好きな火鍋屋さんを見つけてしまい、
羊のテール火鍋を食べました。
だしが効いていて、油も少なく美味しかったです。
webwxgetmsgimg (5).jpg

最近話題の「女性活用」の極意315.09.06

一般的な女性管理職は、どのような課題を抱えているか?

女性管理職の方が、おっしゃっていた事をご紹介します。
(私が言ったのではないので、ご理解下さい)

・どうしても休職せざるを得ない場合がある
・派閥をつくりやすい
・プライベートを引きずる
・コミュニケーションをとりがたるため、業務に関係の無い会話が多い

次は、長所です。
・短時間(時間内)で仕事を終える。
・部署内の飲み会が少ない
・褒める
この「褒める」は草食男子に効果的で、
「褒められたい」「認められたい」という若い男性が増えているため、女性管理職の価値が高まっている。

という事でした。

では、ランダムに箇条書きにします
・会議等で、外部のファシリエーター(第三者)がいた方が、女性は意見を出しやすい
・女性にとって社員・パートなどの立場によって差別しないで、平等に仕事を任せる。
・「地位というのは、その人の生活環境からくるものであり、能力からではない」ということを、理解してもらう。
・30代以降、色々な事があるので、20代で詰め込む
 (20代は短距離ランナー・30代からは長距離ランナーのように)
・30代の出産休養というリスクの先の「夢」が見えない環境が多い
・上昇意識が弱く、自分のペースでやりたいので、会社との差が出る
・特定のメンバーだけを集めて会議をすると、疑念が出る
 (女性には、どうせ情報が漏れるので、全員で会議した方が良い)
・どのような形でも働き続ける制度にする
 (たった30分早く帰れるだけで、大きな違い)
・育成は難しいが、女性の方が真面目で、つぶしが利く
・女性の活用により、会社に多様性が出る
・評価制度を整える
・女性職場には1~2割の余裕を持たせる
・営業しなくても、紹介が多い

そして女性の活用により、男性社員にもメリットが出るとのことです。
・男性も介護や育児に入る時代なので、その人に対してもメリットが出る。

私が感じた結論は
「会社が、女性に活躍して欲しい」と、本気で思う。
「働きやすい環境」を創る。
「出世の道」が、ある。
この辺をきっちりと整備すると、元々能力の高い女性は、男性以上に活躍すると思います。
「女性にとって働きやすければ、採用に困らない」
という事でしょうか。

最近話題の「女性活用」の極意215.09.03


では、それぞれの成功事例を端的にまとめます。

①「採用」
・女性向けの専用サイトを作成する
・女子学生だけにイベントを企画する
・女子学生だけで座談会と質問会を設ける
・女性社員の1日のスケジュールを紹介する
・子供が出来てからの働き方の説明する
・子供が出来たら、どのような支援があるか明確する。
・10年先の具体的な道を説明する
・会社から「女性に活躍して欲しい」と強烈にメッセージを伝える
・内定後にきちっと面談(フォロー)をする


②「定着」(離職率の低下)

・女性だけでミーティングを開催する
(女性だけというのが効果的)
・女性活性化ミーティングを開催する
 (キーワード)
・人の成功事例は効果なし
   ・全員平等という意識で
   ・営業会議は営業発表会形式にする
   ・悩みの発表をしやすくする
・女性が活躍しやすい部署への配置替え
・子育てに予算をつける


国の方針で出ていた、重要点の

③「育成」(管理職育成)

・何とか、管理職を1名作って、出世の道を見せる
・男女関係なく、「リーダーを目指すのが当たり前」という社風を作る
・体力を必要とする作業を、男性に振る
・一から作らせるのではなく、会社がパッケージ商品を作り、それをカスタマイズしていけるよう、システム化する。

という成功事例が出ていました。

次回は、女性が活躍するメリットとデメリットをご紹介します。

最近話題の「女性活用」の極意115.09.01

弊社では、
介護職員の初任者研修の
資格認定校を運営していますので、
多くの、女性の就職斡旋を行ってきました。

介護の現場では、女性の活躍無くしては、
業界自体が成り立ちません。

ですので、政府の労働力人口の減少を補うための方針
「女性の有効活用」に対する、
色々な政策には、アンテナを立てているつもりです。

先日決まった、
女性管理職の割合の、数字目標も、
「絶対にこれをしなさい!」
という政策が出されると、組織は本気でやるので、
これも、ひとつの良い方法かと思います。

そこで早速、
「女性の戦力化で人材難を乗り切る」
という、船井総研の講座を受けてきました。

冒頭に、労働人口の説明等、データの説明がありましたが、
これは説明するまでもなく、減少しているので、
改めて説明する事は無いと思いますので、

本題へ

女性活用の基本は、大きく分けて3つ
①「採用」
②「定着」
③「育成」
です。

これを上手に行えば、
女性を、素晴らしい戦力にできるという事です。

次は、それぞれの具体的成功事例を、ご紹介します。

設備の修繕費を削減する極意15.08.31


機械の故障について
先日、業務用の機械のメンテナンスをする会社の社長さんと、
ゆっくり話しをしました。
弊社も、
・印刷機
・断裁機
・帳合機
・製本機
・折り機
・結束機
・穴あけ機等、
数々の機械で、印刷物を生産しているため、
機械のメンテナンスにけっこうコストがかかっています。

そこで、せっかちな私は、究極の質問をしました。
「故障しないためには、何をしたら良いですか?」
すると一言

「清掃」

「故障の70%は汚れからくるんだよ」
「メンテナンスをしていると、その会社の体質がよくわかる」
という事でした。

営業上がりの私は、機械の構造はわかっていても、
故障の原因は知りませんでした。

すぐに生産部長に、この事を伝えました。

元々、故障の少ない会社なのですが、
うなずく部長を見て「弊社の工場長は大丈夫」と確信しました。

機械も使う人によって、長く使えたり、
すぐにダメになったり、色々です。

機械の調子は、
「使う人の心の綺麗さに比例するということだ」
と感じました。

修理費は、生産業にとって、
「無駄な支出」以外の何者でも無いので、
出来ればゼロがイイですね。

製造業の方、参考にしていただけると幸いです。

税務調査に対しての対処と、考え方15.08.28

先日、3日間の税務署の調査が入りました。
前回の調査は10年前で
「是認」でした。
その前の調査も
「是認」でした。

今回も自信があったのですが、是認とはなりませんでした。
原因は、
年末の棚卸をした後に、営業最終日に材料を発注し、
入荷したものを在庫に計上しなかったという、時間差による申告ミスでした。

ちょっとした事ですが、
こういう細かいことにも、キチッと気を配らないと、
「信用を失うんだな~」と、実感しました。

せっかく「是認」が続いていたのに、
ゴールド免許を失ったようで
非常に残念です!

税務署を「お金をむしり取る所」
と感じている人が多いと思いますが、

世の中は税金で、豊かになっているという一面があると思います。

利益を上げて、
納税するのが法人の義務だと思っています。

利益の独り占めは、良くないですよね。

今後も「強く・正しく・美しく」会社を経営していきたいと、
税務署の方とのふれ合いで感じました。

法人会 全国青年の集いでの勝間和代講演会11.11.21

先日、三重県伊勢市において、「法人会全国青年の集い」という、税の知識を正しく広める組織の、全国大会が行われました。

そのイベントの1つとして、勝間和代氏の講演会が行われました。

私は、この講演を聴くのが楽しみで、三重の地に降り立ちました。

演題は
「東日本大震災と日本経済~どのような復興対策が東日本のみならず日本を救うのか~」
でした。
NCM_0069.JPG

内容は、かなり辛口と皆は言っていましたが、
私にとって
「本質を突いた内容だなー」
と感心させられました。

まず彼女が政財界の色々な裏側を見て思ったこと、それは
「日本の大切な事は、政治でも企業でも、適当に決まっていた」
というショッキングな発言からでした。

まず役人が人事評価で認められるポイントが高いのは「増税した人」
日銀で人事評価が高いポイントは「金利引き締めした人」
なので人事評価を見て、国民を見ていない政策がとられる。

なので政策が増税に向いているが、増税すると民間にお金が無くなり、公にお金がまわるので、デフレが進む。
しかし増税の前に、支出の削減をしなければならない。
その後の増税でなければ成功しない。

増勢より100兆円印刷してしまい、インフレ円安をおこした方がよい。
(しかし日銀の人事評価は金利引き締めだから、やらない)

今のデフレはリーマンショックの時に貨幣供給しなかったからである。
PB180059.JPG

このようなことに対するために、思考を変えなければならない。
その考え方が「ラテラルシンキング」
簡単に言うと「ありそうで無かったもの」を分析して創造する。
例えばシリアル(食べ物)は飽和で売れなかった。それを固めてバーにしたら大ヒット。
理容室のクイックカットは、自分で出来ないのはカットだけ、髭剃りは自分で出来るから、カットだけをやって安くして大ヒット。
このような考え方をするのがラテラルシンキング。
PB180071.JPG
今の日本にはこんな考え方が無い。
発想を変えれば日本は復興する。
こんなような内容でした。

参加の皆様、お疲れ様でした。

PB180081.JPG

北海道法人会網走大会11.06.26

6月24日、網走オホーツク文化交流センターにおいて、北海道法人会青年の集いが行われました。
P6240003.JPG
この法人会というのは、納税や税金についての正しい理解を社会に広めるという目的の会で、その青年部が年に1度、北海道のどこかの地で大会を開催することになっています。
昨年は札幌で来年は小樽。
今年が網走の当番ということでした。

あまり馴染みのない街でしたので、少し楽しみにしならが行ってきました。
そこで迎えてくれたのが、ゆる系キャラ君(ちゃん?)でした。
P6240001.JPG
クリオネ?ちょっとナゾ。

式典は、滞りなく行われ、その後、講演会があったのですが、
講演者は、長野オリンピックのスピードスケート500メートル金メダリスト清水選手のコーチの結城匡啓氏でした。
P6240004.JPG

当然、清水選手のコーチ時代の話や、
長野オリンピック後に、スケートの教室を立ち上げた時の話や、
信州大学のコーチ時代の話でした。

特に大学をトップレベルの実力に押し上げた時の、話は素晴らしいと感心しました。
印象に残ったのは
「勉強が出来ない事をスケートのせいにするな、スケートの出来ない事を勉強のせいにするな!どちらも一生懸命やりとげろ」
でした。
それをやりきった学生の将来は素晴らしい人生になっていくのだろうと思いました。
P6240022.JPG

また教え子の小平奈緒さん。

前回のバンクーバーオリンピックでは狙っていたメダルは届かなかったけれど、
次回のソチオリンピックでは素晴らしい成績をおさめる事を、心からお祈りします。
P6240008.JPG

最後に、結城匡啓氏のコーチングは素晴らしいと感心しました。
コーチと経営は同じなのだと思いましたが、自分の未熟さを結城匡啓氏に教えられたようでした。

このような素晴らしい講演会を開催してくれた、網走法人会の皆様、本当にありがとうございました。

大学生に伝えたかったこと11.03.16

学生の企業インターンシップ生を紹介している会社があります。
その代表から「大学生に対し、話をしてほしい」という要望がありました。

次世代を担う若者に、自分の知っている微々たることを伝えるのは、経営者として使命だと思い、こんな自分を指名してくれた代表に感謝しながら、受けさせて頂きました。

とある会議室に集まった学生に対し、どんな話をすると良いのか、わからなかったので、
冒頭「何のために、ここに来たの?」
と質問したところ、
気を使ったのか「印刷業界のこと」という答えが大半でした。

それに対しある程度、弊社の取り組みを説明した後
学生の質問に答えていきました。

色々な質問に対し、以下の事を伝えました。
「好きな仕事に就くのには、2つしか方法は無い、1つは好きな仕事に就く、1つは就いた仕事を好きになる」
「私利私欲で仕事をすると燃え尽きる、人の為に仕事をする」
「仕事は何をやるかではなく、どこまでやるかだ」
「視野を広く職種を選んで欲しい」(人と接することが好きな人は、営業だけとは限らない)
「地道に一生懸命やると、必ず成功する」
「経営はお小遣い帳と同じで、収入を支出より多くする、特別なことではない」
「努力を続けていると、必ず何かが見えてくる」

こんな感じでした。

学生の皆様、貴重な時間をありがとうございました。
また機会があったら、お会いしましょうー。

雪まつり会場で思った事11.02.08

本日雪まつり会場に行ってきました。
こんな寒い中、なぜかと言うと、大通4丁目でお客様の写真スタジオが
「雪まつりの雪像をバックに写真をとりませんか」
というブースを出しているので、その視察です。

「写真をとりませんかー」と呼び込みをした帰り路で、あるお店を発見しました。
トルコ料理屋さんです。RIMG0983[1].jpg

これを見て、懐かしく感じました。
私は1990年代に2年間、トルコ共和国に在住していました。
目的は「トルコ料理のチェーン店」を全国に作るための、勉強でした。

その料理というのが、この大通り会場で売られていました。makekebab4[1].jpg
こんな感じで肉を縦に積み上げ、横から火を当て、肉を縦に削ぎ切り、ピタパンの中に野菜と(時にはピクルス)をはさんだサンドイッチです。potatesand[1].jpg

この料理をメインに、マックのようにチェーン店を作ろうと思っていたのでした。

しかし、訳あって今は印刷業に従事しています。

この夢をあきらめる時に思った事です。
「肉を仕入れてケバブを作るのと、紙を仕入れて本を作るのは同じだ」
でした。
「問題は何をするのではなく、どこまでするか」
というふうに思いました。

今では印刷業を本業にして、本当に良かったと思っています。
こういう気持ちにさせてくれたのには、たくさんの方々のご指導があったからです。

人生の進路に迷っている方がおられたら、大変生意気ではありますが、何かを精いっぱいやってみるのが、一番の解決法ではないかと思います。

また就職難で困っている学生さん、中小企業は求人がたくさんあります。
「どこで働くか」ではなく「どれだけ働くか」です。中小企業に入って、
「自分がこの会社を大きくするんだー」という理念で生きたらどうでしょうか?

大企業の歯車とどちらが生きがいになるのでしょうか?

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.