自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 社長 河上太の気まぐれブログ

社長 河上太の気まぐれBLOG

上海における現地法人設立法15.09.27

セミナー第一弾は、
上海において、適切な会社の設立について、
税理士法人 山田&パートナーズ 代表社員/パートナー
亜瑪達商務諮詢(上海)有限公司
総経理 春田 憲重 氏
に、お話しをいただきました。
春田セミナー.jpg

まず、中国におけるビジネス様式(法人・非法人)は4種類

①非法人形態(常駐代表処)
法人を設立せず、常駐の人を置いて、まずは営業するという形態です。

撤退も簡単なので、
規模は小さいが「とりあえずやってみよう」
というケースに適しているようです。
しかし、この形態には大きなデメリットがあります。
2009年から税制の改正により、
経費の15%を利益とみなして課税されるようになりました。
これにより、大量仕入れなどの高額な経費があって、結果的に赤字になった場合には、更に仕入額の15%を税金として納めなければなりません。
ダブルの痛手となるので、気をつけて下さい。


②パートナーシップ形態
これはそのまま、パートナーシップです。
簡単ですが、大きなリターンにはならない形態です。


③法人形態(中外合資企業・合作企業)
日本で言われている「合弁企業」形態です。
いわゆる、様々な決め事の上で、共同で出資し会社を運営していくことです。
しかし最近、合弁を解消するケースが増えているようです。

理由は
・合弁が上手く行かない場合が多い
・中国のパートナーがいなくても、コンサル等で賄える
ということです。


④法人形態(独資)
最後に、メインの内容となる、「単独で法人設立」です。
最近は、合弁の解消が増えているため、この「独資」が増えているようです。
先にお伝えしたように、パートナーがいなくても、コンサルタントが運営のお手伝いをしてくれるため、
単独で運営出来ると判断できれば、これがオススメらしいです。

では次に、法人設立までは、どうなるか
まず、期間ですが最低でも約4ヶ月かかるということです。設立登記の手続きが大変のようです。

設立資金は、法律上は不要だが、窓口に行くと高額な金額を言われるようです。それは低い金額で認めると、乱立してしまうからということです。

法定代表人が日本人だと、何かの申請の度に、本人が行かなければならない。社長が頻繁に行けないのであれば、現地にいる方にした方が良い。

次に利益金をどう送金するか
基本的に中国は外国送金が面倒な国です。
50,000ドルを堺に、申請が必要か、不要になるようです。
送金方法は、1配当・2手数料、の2種類があります。

最後に税制です。
企業所得税(法人税)は25%、繰越欠損は5年まで
増値税(消費税)、これは税務局発行の領収書でなければ経費にならないため、役所で管理されている。
しかしなぜか、この領収書が出回っていて、まともに税金を納めずに済ませている企業が多いらしいです。
社会保険は、所得額と連動しないため、労働者は手取りを増やしたいため、不正に低く申請するのがほとんどのようです。

中国で会社を設立するときは、このような事に気をつけて、設立して下さい。

このセミナーの後に、ホテルの近所に大好きな火鍋屋さんを見つけてしまい、
羊のテール火鍋を食べました。
だしが効いていて、油も少なく美味しかったです。
webwxgetmsgimg (5).jpg

上海視察報告15.09.26

上海夜景LOVE.jpg

9月15日から18日まで、
3泊4日の上海視察に行ってきました。

今回の目的は、介護業界の視察です。

札幌から5名と東京・千葉から各1名の計7名の視察団でした。
それぞれ立場は違うのですが、
全員中国の介護に関わるビジネスに興味を持っている方ばかりでしたので、
観光の時間は無しです。

ですので、内容は非常に濃く、
・事業所視察3箇所、
・健康展示会、
・セミナー4本
朝9時から18時まで視察とセミナー、
その後、食事をしながら懇親と情報交換という行程でした。

この1つ1つをご紹介して、皆様が中国のことを少しでも理解していただけたらと思い、数回に分けて書こうと思います。

長いシリーズになりますが、少しお付き合いください。

上海ビジネス街.jpg

上海ビル3本.jpg

熊本の凄い工芸15.09.26

先月行った熊本で、
どうしても見たい町がありました。
というか、どうしても見たい祭りがあります。
山鹿灯篭まつりです。
2015.08.22山鹿灯篭像.JPG

2015.08.22山鹿灯篭ポスター.JPG

2015.08.22山鹿灯篭祭風景.JPG
今年はタイミングが合わずに、祭りが終わってから行ったので、

「町並みでも見たいな~」
と思い、
熊本の友人に案内してもらいました。

観光案内所に行くと、
「灯篭の展示会が開催されている」と言われたので、行ってきました。

商売がら、踊りの時に頭の上に載せる灯篭を見てきました。
なぜ、商売がらかと言うと、この灯篭は

「全て紙でできている!!!」のです。

行くと、名人と言われていた、
「徳永正弘さん」という方の追悼展が、開催されていました。
以下が作品です。
2015.08.22作品1.JPG
2015.08.22作品2.JPG
2015.08.22作品3.JPG
2015.08.22作品4.JPG
2015.08.22作品5.JPG
2015.08.22作品6.JPG
2015.08.22作品7.JPG
2015.08.22作品8.JPG

スゴイです。

これらを見ながら、説明を受けたのですが、
藁葺き屋根のワラも、一本一本紙を丸めて作っているのです。

本当に「全て紙製」=オールペーパー!です!

2015.08.22作品3-2.JPG

こんな工芸品があるとは、皆さんご存知だったでしょうか?
現在は、この工芸を受け継いでいるのは、9名らしいです。
日本には、残さなければならない、有形・無形のものが、
山ほどあるという事を、再認識させられました。

日本人に生まれて、本当に良かったと思える、山鹿視察でした。

2015.08.22山鹿灯篭頭用.JPG

中国のテレビ放送15.09.17

現在、上海にいます。

3泊の予定の2日目です。
初日は、経営者仲間と盛り上がり、
2時まで火鍋を囲んで懇親会をしていたため、
2泊目の昨夜は食事のあとに、ホテルに帰り、ゆっくりしました。

当然のことながら、テレビを見ていると、「抗日ドラマ」と言われる、「日本軍にひどいことをされました」の内容のドラマが数多く流れていました。
KIMG1821.JPG
「怒鳴りつける日本兵が、日本人の人相ではなく、悪人顔」

これは知っていたのですが、アニメまで流れていました。
写真は「日本と戦うための武器を作っている場面」です。
KIMG1823.JPG


私が紹介される中国人からは、このような話題が出ないし、
ビジネスでも日本を信頼しているのに、
どうしてこのようなドラマや、アニメが流れているのか、実態と伴っていない気がします。

また、日本のNHKを見ていた時、タイの爆弾テロの特集が流れました。
その中で、新疆ウイグル地区の事情が流れたとき、突然放送が流れなくなりました。

こんなメディア事情が垣間見えました。

上海視察のポイント15.09.15

今回の上海視察は、

・介護現場の視察
・中国の介護業界の現状
・中国の介護ビジネスの現状
・外国企業の進出の注意点
・中国人労働者の現状

こんなところでしょうか。

私は、昔から
「現場に行き」
「目で見て」
「肌で感じる」をしないと
気の済まない気質です。

ですので、疑問に思ったり、気になると、
現地に行って確認します。

ですので、人生において、かなりの回り道をしている、
典型的な頭の悪い要領の悪いタイプです。

中国は何箇所か行きましたが、
広い中国の全部を相手にするのではなく、
エリアを絞って戦略を練ろうと思い、
「もし中国でビジネスをするなら上海」と決めました。

今まで行った中国は、
北京・重慶・広州・大連・杭州・上海です。

その中で、何となく肌に合いそうな感じと、人脈があるという観点から、上海にしました。

今回の視察で
「ビジネスチャンスがあるか?」
「パートナーを見つけることができるか?」
「輸出したいコンテンツの需要があるか?」
等のめどをつける決意で行きました。

3日間、視察・セミナー・人的交流で、
どうなるのか、楽しみです

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages
Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.