自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 新着情報 > 2016年2月

2016年2月

製本の種類<中綴じ製本>16.02.26

楡印刷株式会社の新着情報をご覧いただきありがとうございます。

今回は冊子やパンフレットを作成する際に重要な製本方法の一つ、
【中綴じ製本】についてご紹介します。

中綴じ製本とは印刷した紙を重ねあわせ、
折りたたんだ後に中央部分を針金で綴る製本方法です。

それぞれのページを一杯に開きやすいので、
案内用のパンフレットや商品の取扱説明書、会報などの薄い冊子に適しています。

DSC_0477.JPG

紙を重ねるという構造上、ページ数が多くなったり紙が厚くなってくると、冊子が膨らんでしまったり、絵柄がずれるなど仕上がりが悪くなってしまい、ページ数が大量となる冊子にはあまり適していませんので、
当社では2ページ~32ページ(用紙によって異なります)を目安とさせて頂いてます。

また、総ページ数は表紙を含めて4の倍数ページとなります。

DSC_0479.JPG

お礼状16.02.17

お客様にお送りしているお礼状をデザインしました。
楡印刷では常にスピーディな作業で完璧な製品をお客様にお届けできるよう日々努力をしております。
弊社の顔である営業の写真と共に、機械や手作業等様々な工程を経て製品を作っている様子をご紹介しております。
熟練技術を持った社員一人ひとりの製品にかける思い、お客様への感謝の気持ちがこの一枚のハガキから少しでも伝わることができれば幸いです。

nire_dm2.jpg

意外と勘違い?ロゴマーク16.02.12

いつも楡印刷をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
さて本日は、ロゴマークについてお話ししたいと思います。

ロゴマークはみなさんよく聞かれる言葉だと思いますが、ロゴとマークについて意外と勘違いされている方が多いんです!

弊社のロゴマークを使って解説すると四角で囲んでいる「A」の部分がマークで「B」の部分がロゴ(ロゴタイプ)になります。
「ロゴ」はわかりやすく言うと文字をデザインしたもので、マークは図形の事を指します。しかし「マーク」のことを「ロゴ」だと思っている人が意外と多いのではないかと思います。
ちなみに英語ではロゴの事を[Logotype]、マークの事を[Logomark]、[Logotype]と[Logomark]の二つをあわせて[Logo]と呼んでいます。

楡印刷は、数多くのロゴマークを手がけておりますので、ロゴマーク制作をお考えの際にはお気軽にご相談ください。


logo_sample.jpg

オリジナルティッシュボックスカバー16.02.04

今日は、ティッシュボックスカバーのご紹介をさせていただきます。
多彩な材質のものが市販されておりますが、弊社では、紙製で組み立て式の物を作成しています。
上部および、横の4面にお好きな絵柄や写真を入れることができ、1個からお作りすることが可能です。
弊社社内でも、横の部分にカレンダーを印刷し、ミーティングの際などに活用しております。
組み立ても簡単で、お手元のティッシュボックスにポンとかぶせるだけですので、交換も楽に行えます。
個人としてのご利用の他、お店の広告媒体、園児の教材など、様々な活用方法があります。
あなただけのオリジナルティッシュボックスカバー、作成してみませんか?

tb.jpg

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.