自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 新着情報 > 2016年7月

2016年7月

カラー印刷の仕組み16.07.19

チラシ・ポスター・ハガキ・写真などなど、私たちが普段よく目にするこれらの「印刷物」は、形は違えど基本的には同じ仕組みで作られています。

●カラー印刷は4色印刷?

一般にカラー印刷と呼ばれているのは「4色印刷」のことで、印刷物の基本となる以下の4色のインクの色を指します。

C =(シアン)
M =(マゼンタ)
Y =(イエロー)
K =(ブラック)

この4色の組み合わせによって、あらゆる色を作り出しています。
例えば、Y=黄とC=藍をかけ合わせて緑、M=紅とC=藍をかけ合せて紫など、絵具を混ぜ合わせるのと同じです。
ただし、絵具を混ぜるのと一緒といっても、実際にこれらのインクを混ぜ合わせるわけではありません。
カラー印刷で表現される画像は、実は小さな点の集合になっており、この点の密度によって色彩や色の濃淡を表現しています。
この点の集合の事を「網点」と言います。

例えば
シアン 50% + イエロー 50% = 
シアン 70% + イエロー 30% = 青緑
シアン 30% + イエロー 70% = 黄緑

という具合に、網点の濃さによって色を表現します。

CMYを色の三原色といい、これらを同比率で混ぜ合わせると、黒になります。

●なぜ黒インクが必要?

3色で黒を表現できるのに、なぜ黒インクが必要かというと、三原色で作られた黒は「ぼやけた黒」になってしまうため、文字などでは輪郭がぼやけてしまい非常に読みにくくなってしまいます。
それを補うために、黒インク使うことによって、シャープでクリアーな黒を表現しています。

お手元にある印刷物をじーっと見つめてみると、これら「カラー印刷の仕組み」を感じることが出来るかと思います。

cmyk.jpg

帳票作成16.07.12

こんにちは、いつもお世話になっております。
今日は帳票作成のお話をさせていただきます。

例えば3枚複写で1セットの伝票を製作する場合、
ノンカーボン紙(上用・中用・下用)を用いて専用の接着剤にて加工します。

0712nori.jpg

2枚複写(上用・下用)、5枚複写(上用・中用・中用・中用・下用)等もありますが、ノンカーボン紙の性質上従来は他の紙質のものとの組合せは出来ないのですが、弊社では独自の方法でコート紙を表紙・裏表紙とした伝票類の製作も可能としました。

0712_2mai.jpg0712_cort.jpg

また、こちらも弊社独自の技術ですが、複写を必要としない2枚セット物で上質紙を使用することも可能です。
上質紙も、その性質上2枚セット物にするのは非常に難しいのですが、弊社ではシーズンごとに接着剤の混合割合濃度を変えて製作しています。

0712_2mai_jo.jpg

こんなものが欲しい、こんなことは出来ないのか等、どんなことでもお気軽に弊社までご連絡ください。

販促活動の最重要!マーケティングの基本16.07.05

こんにちは、いつもお世話になっております。
弊社ではよく、皆様の販促活動のご協力をさせていただいております。チラシを作成することもあれば、ダイレクトメールだったりWEBだったりと、その時々によって形は様々ですが、販促物を作成する上で欠かせないのが、「マーケティング」になります。
マーケティングの意味としては、「顧客が真に求める商品やサービスの情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」といったことになりますが、わかりやすく言い換えると「誰に、何を、どのように伝えるか?」を明確に戦略立てて行うことです。

実は、製作物の内容を決めるのは、我々制作会社でもクライアント様でもありません。
クライアント様の商品や顧客や市場が決めるのです。
そのためには市場調査や自社分析、他社分析をしっかり行うことが重要です。これを怠ってしまうと、費用だけかかる効果の出ない製作物が出来上がってしまいます。

「チラシや、DMやWEBなどで宣伝を行っているけれど、あまり効果が出ていない」なんて場合は、このマーティングがきちんと出来ていない可能性があります。
弊社では、現在使っている販促物の分析も可能ですので、是非ご相談下さい。
費用対効果の高い製作物を作成するアドバイスを致します。

3-hansoku.pdf

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.