自費出版、各種印刷の楡印刷株式会社TOP > 新着情報 > 2016年11月

2016年11月

製本様式の分類16.11.30

電子書籍が広く普及してきましたが、まだまだ紙媒体の物も人気があるようです。 今回は製本様式の分類を説明させていただきます。

○上製本

ph-joseihon.jpg

並製本に対していう様式上の分類です。

上製本は、糸綴じした中身を仕上げ断ち後、表紙でくるみます。必ず前後に見返しがつきます。

○並製本

本文と表紙をつけてから、背以外の三方(小口・天・地)を仕上げ断ちし、指定寸法に仕上げます。

○平綴じ

本の背より約5mmの部分を針金又は糸で表面から綴じる製本様式です。

○中綴じ

ph-nakatoji.jpg

表紙と中身とを一度に丁合して、背を針金で綴じ、その部分を2つに折った後、三方断ちして仕上げます。

○かがり綴じ

ph-ito.jpg

製本の折り丁を一折ずつ糸で綴じ合わせます。一般に糸綴じ機を使用します。

○無線綴じ

ph-musen.jpg

本の中身を、糸や針金を使わず接着剤で綴じます。

丁合後1冊分ずつ取り揃え、背の部分を切断し、その切り口の繊維を起こして接着剤を塗布し表紙でくるみます。

職場体験216.11.16

こんにちは
いつもご覧になっていただいている皆さま、ありがとうございます。

今年も10月に職場体験の生徒さんたち(高校生)がいらっしゃいました。
午前、午後に分かれ制作・工場で1日という短い時間の中ですが作業の一部を体験していただきました。
制作では名刺や年賀状の作成、画像加工を工場では印刷機の見学、製品の折りや断裁、製本作業でノート作成などをしていただきました。
自分の名刺を自分で作る。本人たちには満点の作品に仕上がったでしょうか。
dansai.png pc.png
meishi_b.pngのサムネイル画像
明るく楽しそうに作業している生徒さんたちに真面目に一生懸命仕事に打ち込む、働くことの大切さを伝えることは普段以上に気の引き締まる思い(責任感)があります。
人との関わり方や社会のルールをほんの少しでも感じ学んでもらえたなら大変意味のあるものだと思います。
普段の授業とは違う何かを感じ取ってくれたでしょうか?
近い将来、進路選びや就職する際に製造業もひとつの選択肢に挙げてもらえれば嬉しく思いますし、今回の体験を活かして今後成長していってくれることを期待しています。
もし職場体験に興味のある方は連絡いただけましたら日程にはよりますがご協力できると存じます。

Copyright Nire printing co.,Itd All right reserved.